国民保護サイレンってどんな音?いつどこから鳴る?聞いたらどうすべき?

国民保護サイレンって、みなさんご存知ですか?

名前は知ってるけど、具体的にどんな音か、

どんな時に鳴って、聞いたらどんな行動をすればいいのか

知ってますか?

私は、今まで全く知りませんでした・・・

学校や会社などでも、教わった記憶はありませんし、

周知されていないのかもしれませんね。

でも、何も知らなかったら、サイレンを聞いたところで

ただただパニックになってしまいますよね。

  • どんな音か
  • どんな時に鳴るのか
  • その時取るべき行動
  • いつサイレンができたのか

について、調べたのでまとめていこうと思います。

スポンサードリンク

国民保護サイレンとは

2005年に作られました。

もう12年も前になるんですね〜!

国民保護サイレンは、ミサイルを含む武力攻撃に対して使用される。

「武力攻撃が迫り、又は現に武力攻撃が発生したと認められる地域」

に対し、防災無線から流されるもの。

簡単に言うと、

  • ミサイル攻撃
  • テロ攻撃

に対して使われるサイレン、ということのようですね。

ニャーさん
防災無線って何?

この場合の防災無線とは、屋外に設置されている大型スピーカーで、

有事の時はここからサイレンが聞こえることになります。

最近、北がよくミサイルを飛ばしているため、

このサイレンが実用的に使われる時が

リアルに近づいているんじゃないか、と言われています・・・。

戦争をやめよう、と言っていた日本では、このサイレンは

あくまで「念のため」であって、当時は実際に使われることはまずないだろう、と

考えられていたのではないでしょうか・・・

 

国民保護サイレンはどんな音?

ミサイルが飛んでくるような事態に鳴るというサイレン。

とはいえ、どんな音か知らなければ、反応できなさそう・・・

どんな音なのか、聞いておきたいですよね。

Youtubeにも上げられていました。

※ヘッドフォン推奨、音量注意してくださいね !

不安を煽るような不協和音ですね。

  • 既存のサイレン音との区別
  • 危険性・緊急性が感じられる
  • 高齢者や聴覚障害者にも聞き取りやすい

といった点を重視して作成されたそうです。

それにしても、狙った効果をちゃんと出せる音が作れるって、

すごいですよね。

スポンサードリンク

国民保護サイレンが鳴った時に取るべき行動は?

何はなくとも、情報収集。

テレビやラジオをつけて、何が起こったか知りましょう。

 

屋内にいる場合

化学兵器など、有毒な物質が入ってこないよう、

窓やドア、換気扇、ガス、水道などの栓を閉じましょう。

爆発などが起こる可能性もあるので、

窓やドアからできるだけ離れた位置に移動。

 

屋外にいる場合

丈夫そうな建物か、地下鉄など安全な場所へ避難しましょう。

車に乗っていた場合は、鍵をつけたまま安全な場所へ停車。

 

さらに詳しいことは、Yahoo防災に書かれていますので、

一度読んでみてください。

 

緊急避難袋を準備しよう

国民保護サイレンが鳴るのは、

ミサイルやテロの時ですが、

通常の災害が起こった場合でも、必要になるのが

緊急避難袋ですね!

ニャーさん
緊急避難袋って、何を入れておけばいいか分からない・・・

中身については、NHKのページに詳しく載っていますので、

ぜひ参考にしてみてください。

使う頻度が限りなく少ないだけに、

食品などの賞味期限をチェックしておくことも

少し面倒だと思ってしまいがちですが、

使う頻度はゼロであってほしいもの。

まだ用意していない方は、今すぐにでも準備しましょう!

ニャーさん
備えあれば憂いなし!

スポンサードリンク

あなたにオススメの記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です