東名高速衝突事故でバスと衝突した乗用車(デミオ)はなぜ空を飛んだ?

6月10日、東名高速道路上、新城あたりで

飛んできた乗用車が観光バスに衝突し、

バス乗客47名のうち45名がケガを負う事故が

発生しました。

衝突の衝撃はかなりのものだったそうで、

乗用車はデミオだったそうですが、

バスのフロントガラスに衝突し、

割れたガラスの破片が乗客に向かって飛んでくるなど、

むち打ちや打撲だけでなく出血を伴うケガをした人も

少なくなかったそうです。

バスはサクランボ狩りツアーのために移動中で、

乗客は老人の方が中心だったため、

事故の負担もより大きかったのではないかと思います。

楽しいレジャーが一瞬で悪夢のような思い出に

なってしまったのではないでしょうか。

 

私もたまに(レンタカーを)運転しますが、

高速道路で逆走車や今回のように飛んでくる車があったら

パニックを起こしてどう対処していいか分からないと思います><

後ろから高速で後続車が近づいてきますし・・・

想像するだけで恐ろしい事故ですが、

車が飛ぶなんてあまり聞いたことがなかったので

なぜデミオは空を飛べたのか、気になって調べました。

スポンサードリンク

車が飛んでくる動画をチェック

乗用車はバスから見て対向車線を走っており、

すれ違う直前にバスが走る車線に向かって飛んできました。

これだけの衝撃で、ドライブレコーダーの映像が

綺麗に残るもんなんだなー!と

逆に感心してしまうほどの衝撃。

バス運転手の方がなんとか無事なのが

奇跡的に思えてきますね・・・

ドライブレコーダーはこういった事故の時に

事実確認をするための証拠映像になりますが、

事故の時のために設置してるものなので、

かなり丈夫にできているんでしょうね〜。

飛行機事故の時に、バラバラになった機体の破片から

フライトレコーダーを見つけて、

事故の原因を究明したりしますが、

あのレコーダーだって飛行機がバラバラになるほどの

衝撃でもちゃんと証拠が残るようにできてるんだから、

自動車事故の衝撃くらいなんのその!って感じなのかな?

 

東名高速の構造に一因が?

東名高速は、結構歴史の古い高速道路なので、

比較的道幅が狭いようです。

さらに悪いことには、縁石が低いので、

万が一端に寄りすぎてしまうと、縁石にカンタンに

乗り上げてしまうらしく・・・

高速道路では時速80km以上出してますから、

ちょうど縁石がジャンプ台の役割を果たしたのではないか?と

考えられているようです。

スポンサードリンク

乗用車の運転にも問題が?

あれだけ勢いよく飛ぶには、

縁石に向かってハンドルを急に切ったことが

考えられます。

となると、乗用車の運転手はわき見運転や

居眠り運転、あるいは意識を一瞬失って

ハンドル操作を誤ったのかもしれません・・・

運転手の方は62歳のお医者様、伊熊正光さんで、

勤務先の医療機関(国立病院機構天竜病院小児科)

に向かっている途中だったということですが、

人の命を救うために車を運転していたら

自らが命を落としてしまうなんて、

皮肉な話ですね・・・

まだ乗用車の運転手の状態については

わかっていないので、あくまで私の憶測です!!

 

ただ、この運転手の方、

この日は自分の車が修理中で、

慣れない代車を運転していたとのこと。

それも事故の一因かもしれません・・・

 

まぁ、でもそれを言っちゃあ

毎回レンタカー借りて走ってる人は

毎回初めましての車になるし、

だから事故が!って言うのは理由になりませんけどね^^;

 

今回バスの乗客の中に死者は出ませんでした。

あれだけの事故にしては、被害が最小限に留められていますよね。

これは、バス運転手がとっさの判断で

左にハンドルを切って、できるだけ飛んできた車を

避けたこと、ブレーキを目一杯かけたことが

功を奏したそうです。

教習所では、高速道路上で普通の速度のつもりで

急ハンドルすると、スピードが出てる分、曲がりすぎて

スピンしてしまうとか、

急ブレーキは後続車もあるし危険!とか教わったので

きっと熟練したドライバーが正確に判断して

対処したんだろうな〜と思います!

 

長距離バス運転手の過失による事故のニュースも

最近多かったので、この運転手さんには

全力でグッジョブ!!と伝えたいです!!

スポンサードリンク

あなたにオススメの記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です