雛市(女王蜂)の倫理的にNGだった部分と変更前の歌詞は?曲の意味も

女王蜂がアルバム「A」を引っさげ、

ツアー「Q」で15の会場を回りました。

そのアルバム「Q」には、「雛市」という曲が

収録されています。

女王蜂の楽曲には、大きくわけて

メジャーデビュー曲、「デスコ」に代表されるような

ダンサブルなディスコミュージックと

自殺、イジメ、売春など、社会のタブーに触れながらも

誰もが少なからず抱いている心の闇を歌った曲の

2種類があると思います。

雛市は、後者ですよね。

実はこの曲、本来の歌詞に手を加えられてリリースしていて、

というのも、日本レコード協会によって、

歌詞の一部が「倫理的に相応しくない」として、

取り下げられたため、

アヴちゃんは泣く泣く、歌詞を変更したそうです。

さて、そんなエピソードを聞くと

どんな歌詞だったっけ?って、

隠された意味を読み解きたくなってきますよね。

また、変更前の歌詞はどんなものだったのでしょうか?

スポンサードリンク

雛市の意味は?

「雛市」って言葉自体、

この曲を知るまで知らなかったのですが、

大辞林によると、

雛人形や、雛祭りに使う道具類を売る市。二月末から三月二日まで開かれた。 [季] 春。

だそうです。

雛人形を売る市で、季語が春・・・

人形を売る(春を売る)と連想すると

なんとなく売春と言うテーマを連想させるタイトルなのかも。

 

雛市の変更された歌詞は?

冒頭からいきなり。

汗水垂らして三万円

ここはもともと、「僕は一晩三万円」

という歌詞だったそうです。

何となく、「汗水垂らして三万円」の方が

直接的じゃないけど深読みできる感じがして

いい歌詞だなと思うんですが、

直接的な表現を使わず、いかに本来の意味を伝えるか、

かなり悩んで考えて考えて変えたんでしょうね。

スポンサードリンク

続いては、2番の

汗水垂らさず十万円

ここは、

「僕は一晩十万円」

だったそうです。

これも、変更後の方が、

かつて汗水垂らしていたのに、

数年が経って手慣れた感じ、成長しちゃった感じが出て

いいと思うんですけどね。

歌っていろいろ想像かき立ててくれるところが

魅力だと思うので。

昔ラブレターに使われていた和歌だってそうですよね〜

 

そして、最後の箇所。

魔法は一本三万円

ここ、

「注射は一本三万円」

だったそうです。

何の注射だろう。

クスリですかね・・・魔法だし。

 

以上が、倫理協会に指摘され、

変更した歌詞だそうです。

 

変更後の歌詞では一人称「僕」が

でてこないので、主人公が女なのかと思った人も

多いとは思いますが、

平たい胸元埋まった

て言う表現があるので、

男の子の話なのかなってのは一応分かりますね。

スポンサードリンク

あなたにオススメの記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です