ヨコハマトリエンナーレ2017の混雑状況や割引チケットは?宿泊情報も!

8月4日から、

ヨコハマトリエンナーレ2017 島と星座とガラパゴス

が開催されます。

 

トリエンナーレというのは

3年ごとに開催される、という意味なんですね。

 

ビエンナーレとかもありますが、

こちらは2年ごとに開催。

 

開催概要は以下のようになっています。

横浜トリエンナーレは、3年に1度開催される現代アートの国際展です。
タイトルの[島][星座][ガラパゴス]は、接続や孤立、想像力や創造力、独自性や多様性などを表すキーワードです。
いま、世界はグローバル化が急速に進む一方で、紛争や難民・移民の問題、英国のEU離脱、ポピュリズムの台頭などで大きく揺れています。
ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」では、「接続」と「孤立」をテーマに、相反する価値観が複雑に絡み合う世界の状況について考えます。
本トリエンナーレでは、アーティストを厳選し、その多くが複数作品を展示することで、小さな個展群が緩やかにつながり、星座あるいは多島海を形作るように展覧会を構成します。また、幅広い分野の専門家が参加する公開対話シリーズ「ヨコハマラウンド」を通して討論を重ねます。視覚と対話の両面から深くテーマを掘り下げ、「議論」や「共有・共生」の機会となることを目指します。
先行きの見えない複雑な時代に、人間の勇気と想像力や創造力がどのような可能性を拓くことができるのか。 多くの人々とともに考え、開国、開港の地・横浜から新たな視点を発信します。

横浜トリエンナーレ2017公式ページより)

 

横浜最大規模のアート展示のイベントなので、

遠方から訪れる方も少なくないみたいですね〜

 

1日じゃまわりきれないので、

1泊2泊する人が多いようです。

 

横浜はアート以外にも見所がたくさんあるので、

ぜひゆっくりしてってほしいところ。

 

それでは、ヨコハマトリエンナーレ2017の混雑状況や

周辺のおすすめ宿泊施設、お得なチケット情報など

チェックしていきましょう☆

スポンサードリンク

ヨコハマトリエンナーレ2017の会期やアクセスは?

 

会期

会期:2017年8月4日(金)‐ 11月5 日(日)
※但し 第2・4木曜日(8/10、8/24、9/14、9/28、10/12、10/26)は休場

約3ヶ月間の開催です!

 

これだけ長いと、

まぁまた今度でいいや・・・と思って

結局終了間近に焦って行くか、

諦めちゃうかのパターンが多い私・・・

 

ちゃんと手帳に予定決めて書いとかなきゃな〜・・・

混雑しにくい日に行くのがベストなので

後ほどお伝えする、混雑状況をチェックして、

予定立ててみてくださいね^^

 

アクセス

 

大規模なだけあって、

会場も1カ所ではなく、

複数あります!

 

  • 横浜美術館
  • 横浜赤レンガ倉庫第1号館
  • 横浜市開港記念会館

 

の3つの場所で開催。

それぞれの会場はそこそこ離れているので

結構歩きます!が、

 

会期中無料で出ているバスがあります!

トリエンナーレのチケットを持っていれば

誰でも無料で乗れます^^

 

 

割引チケット情報!

 

横浜市美術館では普段、

土曜日高校生入場無料となっています。

 

しかし!トリエンナーレ開催中は

残念ながらこれが適用されないので、

高校生であっても普通にチケットが必要になります。

 

なので、お得なチケットを入手したい場合は

前売り券を買うのが一番ですね。

 

前売券は開催前、8月3日までの販売です!

 

あるいは、チケットショップで探すのも手ですね!

 

チケットの値段はこちらの通り。

  • 一般 1,800円(1,500円)
  • 大学・専門学生 1,200円(900円)
  • 高校生 800円(500円)
  • 中学生以下 無料

※()内は前売券料金

 

また、トリエンナーレと同時に

近くで開催されるアートフェスがあります。

 

BankART Life V

黄金町バザール2017

です!

 

こちら、全てが楽しめるセット券もあります。

セット券の値段はこちら。

  • 一般 2,100円(1,800円)
  • 大学・専門学生 1,800円(1,500円)
  • 高校生 1,400円(1,100円)
  • 中学生以下 無料

※()内は前売券料金

 

これだけたっぷり楽しめて、

このお値段はお得ですね。

 

アート好きな方にはセット券、とてもオススメです!

スポンサードリンク



混雑状況は?

 

基本的に、アート展って

会期終了になる程混雑します・・・

 

なので、会期の前半に行くのがテッパンだと思うんですが、

開催2日目の8月5日は避けましょう!

 

なぜなら、神奈川新聞花火大会があるからです!

無料バスもこの日は15時に終了してしまいます。

交通渋滞がすごいのです・・・

 

帰りに花火見たいぜって方は、

ぜひこの日程で行ってもらったらいいと思いますが

 

花火見るつもりがないなら、

やめときましょう笑

 

また、会期前半は夏真っ盛りなので

体力的にもしんどいため

涼しくなる会期後半は

混雑しやすそうですね・・・

 

また、会場は散らばっているため

場所により混んでることもあります。

 

特に、無料で観れるエリアなどもあり、

そこは特に混みやすく、

入場制限がかかることもあるみたい。

 

でも、広い会場なので、

数分の待ちで見れるみたいです。

 

そこまで混雑や待ち時間を気にしなくても

よさそうですね〜♪

 

周辺のおすすめ宿泊施設は?

 

場所柄が観光地でもある横浜。

宿泊施設は充実してます。

 

なので、「泊まれればいい」

というのであれば、特にホテル選びには

困らないと思います。

 

ここでは、アート好きなら泊まってみたい!

おすすめのおしゃれなホテルを紹介したいと思います。

 

 HOTEL PLUMM

洗練されたデザイナーズホテル。

 

ニューヨークにでもありそうなエントランス!

美有もお酒が飲めるようになったのが 最高に嬉しいわ。 #横浜 #hotelplumm #マッコリタイム

kst ykaさん(@yka__126)がシェアした投稿 –

お部屋の中もめっちゃおしゃれ!

デザイナーズルーム

じゅんやさん(@pepepe3110)がシェアした投稿 –

モダンでアートな内装。

 

横浜駅西口徒歩5分と、

アクセスも良好ですよ。

 

部屋や日程を選べば、朝食付き6千円代で

泊まれるので、お財布にも優しい^^

 

詳細はこちら!

HOTEL PLUMM

 

また、横浜といえば

中華街も有名!

 

せっかく横浜来たなら、

中華の雰囲気も満喫したい・・・

 

そんな方におすすめなのが、こちらのホテル

ローズホテル横浜

 

中華街の中にありながら、

プールも付いててリゾート気分も楽しめちゃう

 


中洋折衷な雰囲気の空間です。

香港のデザイナー、ジョン・チャン氏のデザインだそう。

 

詳細はこちら。

ローズホテル横浜

 

それでは、素敵なアート体験してきてくださいね〜!

スポンサードリンク



あなたにオススメの記事



1 個のコメント

  • JTBで購入した前売券のままでは入場できません。券売所に戻り、引き換える必要が有ります。また、券売所窓口には、当日券販売窓口と前売券引換窓口が別に設けられていますが、実際の業務は分けておらず、券を買う人も引き換えるだけの人も一緒にならびます(引き換えるだけの人も、当日券販売窓口に案内され、窓口の人が引き換え窓口まで券を取りに行くのを待つ、という形になります)。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です