ファーゴ(ドラマ/映画)が実話は嘘?スーフォールズの大虐殺とは?

こんにちは!

皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 

3連休ですが、台風のせいで家から出る気にもなれず

ひたすら海外ドラマ見てました。

3連休2日目でファーゴシーズン1・2、オリジナルの映画を

全て見尽くしてしまった・・・

 

 

いやーほんと、止められないんですよね。

続きが気になって。

しかもこれが実際に起こった事件だなんて・・・

 

って思ってたんですが、

最後のシメに映画を見て「?」が浮かびました。

 

1話の伏線部分以外、

全然ストーリー繋がってなくない??

 

てことは、「事実」ってどの部分のこと言うてるんや?

なんか物語が壮大すぎてどこまで忠実なんだか・・・

って思って、調べてみたら・・・

スポンサードリンク

 

ファーゴは実話ではない!?

 

まいどまいどしつこく出てくる

「この話は1979年ミネソタで実際に起こった」

って部分、どうやら大ボラだったようです!!!!

 

次のエピソード見たくて早送りしてたエンドロールの部分に、

「これはフィクションです。実際の〜とは一切関係がありません」

ってしれっと書いてあるやんけ〜〜〜!!

登場人物や出来事、名前は架空のもので、実在する名前、人物、人の過去などと類似していても、それは完全なる偶然です

しかも、この画面表示されるのコンマ3秒くらいですよ!

読むわけないやんけ!!!

 

いや〜見終わって二度びっくりだわ。

 

でも、実話って信じて見てた方が楽しめたので、

それはそれでいいのか?

まんまと監督のコーエン兄弟の術中にハマっちまったぜ・・・

 

ツイッターで見てみたら、

結構騙されてる人、いっぱいいましたw

 

ギャグだと知って見てる人もいるけど、

ファーゴのせいで、それ以降出会った実話モノという設定に

毎回疑ってかかってしまうという後遺症もw

 

やってくれるわ・・・

 

だって、シーズン2の冒頭、

「スー・フォールズの大虐殺」って映画の撮影シーンとか

もっともらしく写してたし、

私のような無知な人間を

完全に事実だと信じ込ませるために作ったよねあのシーン・・・w

スポンサードリンク

 

スー・フォールズの大虐殺とは?

 

これが歴史上の事実だと信じ込ませる大きな要素だと思いますが、

スー・フォールズの大虐殺って、まったく根も葉もない話なんでしょうか?

 

スー・フォールズは、サウス・ダコタの地域の名前だそうですが、

先住民のスー族が数千年前に住み着いた地域。

 

ハウジーが身寄りのない先住民という設定なので、

ところどころ先住民と移民の確執みたいなものが出てきますよね。

日本人の我々にはちょっとイメージしにくいですが・・・

 

ま、ハウジー自身は親が誰か、何族出身なのか

自分自身も分からないし、

あまり先住民としての誇りみたいなものも

どうでもいいように見えます。

(だからこそシーズン2の最後で・・・)

 

史実としては、

ウンデット・ニーの虐殺

というのが1890年代にあったようです。

先住民と移民の最後にして最大(?)の戦争ですね。

 

ファーゴ シーズン2の冒頭場面は、この事件をモチーフにしてるのかな?

だって、ストーリーの中で「スーフォールズの大虐殺」って

1979年に起きたことになってるので

先住民がゴリゴリの民族衣装着てるのおかしいし。

 

シーズン2がそのままシーズン1に繋がるので、

見終わった今もう一回見たくなってる自分がいます・・・

途中惰性でぼーっと見てたシーンもあるから、

ちゃんと集中して見たいな・・・

 

しかし、海外ドラマは長いので

なかなかまとまった時間とって見るの

覚悟が要りますよね〜!!

 

シーズン3も今年中には日本で公開するんでしょうか?

ユアン・マクレガーが1人2役するそうで、とっても楽しみ!

 

スポンサードリンク

あなたにオススメの記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です