宮田宣也(みこし職人)の学歴や年収は?結婚は?マツコも惚れるイケメン

こんにちは、えいみーです!

 

台風一過で、とっても気持ちのいいお天気ですね~

こんな日には会社にこもってないで、

外に出ていきたい!と思いながら

日が暮れるまで建物の中にいました・・・笑

 

 

今度の週末は晴れるといいなぁ。

 

 

みなさん、今年の夏は何をされましたか?

 

海?夏祭り?花火?

 

 

夏はイベント盛りだくさんですよね~

 

私は、お祭りらしいお祭りは一つしか行かなかったんですが、

それがとっても衝撃的だったんです。

 

 

湘南の浜降祭(はまおりさい)っていうやつなんですが、

 

沢山のお神輿が湘南の海に集まってきて、

海に入っていくんです!

 

 

え?濡れて大丈夫なの!?って心配になりますが

そこまで深くは入らずに、砂浜に上がってきます笑

 

 

高価なお神輿を担いだまま海に入るってのも斬新なんですが、

 

一番衝撃だったのが、

時間帯。

 

 

なんとなんと、夜中に始まるんです!

 

朝の3時ごろとか、そこらじゅうを

「わっしょいわっしょい」ではない独特の掛け声で

練り歩いているので、

 

寝れたもんじゃありません。

 

伝統的な祭りだから、この日は誰も文句言わないのかな・・・?

 

とにかく、祭りに興味がない人からしたら、

ただの騒音!って感じ笑

 

 

私は、そのお祭りのために湘南の友人宅に泊まったので

ただただ

「この夜中の騒音が許される状況スゲー」

って感心してたんですが

 

イッテQなんか見てると、

世界にはいろんな祭りがあるなぁと驚かされますが

 

 

変わったお祭りって、 日本にも 案外あるのかもしれません。

 

 

さて、お祭り話つながりで、

 

今日は神輿職人の宮田宣也さんに注目したいと思います。

 

なんとこの方、神輿が好きすぎて、

一般企業に就職して数か月で退社し、

祭りの世界に身を投じたそうなんです。

 

 

なんて勇気のある・・・

 

就活もまあまあ大変だった時だと思うんですが・・・

 

それほど、祭りに対する思いが止められなかったてことですかね?

 

しかも宮田さん、学歴も相当しっかりしてるんですよね。

そして、私と同じ理系だそうです!

 

 

神輿とかお祭り文化が好きなら文系のイメージですけど、

そうやっていろんな世界を見た上で、今の仕事を選んだってことは

本人も納得して、満足して今の仕事に取り組んでるんではないかと思います。

 

 

それでは、宮田さんについて見ていきたいと思います!

 

スポンサードリンク

宮田宣也さんプロフィール

 

誕生日:1987年3月15日(30歳)

出身地:神奈川県横浜市

血液型:A型

 

海外に神輿を広める活動もされているんです。

 

宮田宣也さんの学歴は?

 

高校が桐蔭学園、その後筑波大学から筑波大学院へと進学されています。

専攻は、生物資源!

 

私も農学部で実験ばっかりしてたので、

おそらく同じようなことを学生時代してたんだろうな〜・・・

 

 

理系に進んでも、やっぱり職選びでは

必ずしもその道に進むとは限らないのが、農学部あるあるだと思ってます。

 

 

だって、農学部って、いろんなことができるから

特にやりたいことが決まってない人が選びがち(あと、女子が多め)

 

 

とは言え、さすがに周りに農学系からお祭り業界に飛び込んだ人はいないので

振り幅スゴいな〜って思いました!

 

 

ちなみに、学生時代も研究ばかりしていた訳ではなく、

なんと空手の全日本学生選手権で準優勝した経験もあるそう!

 

 

文武両道ですね〜!!

 

 

そんなわけで、いい体してるんですね。

神輿担いでるだけじゃなく、

今も定期的に空手はやってるみたいです。

 

いい気分転換になるんだとか。

スポンサードリンク



宮田宣也さんの年収は?

 

神輿作りや祭りのプロデュース業を手がける宮田さん。

それに加え、自身のユニット、明日襷(アシタスキ)での活動をされています。

 

祭りという日本の伝統的な文化を守ることを通して、

みんなにふるさとを、そして明日を好きになってもらいたい、

 

そんな思いが込められているそう。

 

根底にあるのは、宮田さん以上にお祭りにどっぷり浸かっていた

おじいさんの祭りに対する熱い思いだそうです。

 

もともと両親が小さい頃に離婚して、

おじいちゃん子だったことから、

親以上におじいさんとの距離が近かったんですね。

 

 

なので、完全にお金云々を無視して、

ほとんど熱い思いだけで、お祭りの文化を守る活動をしているんです。

 

 

それに、宮田さんはお金で何でも解決できる都会の生活に

辟易してさえいるように見えます。

 

 

本来なら、最低限のお金で豊かな暮らしはできるはず、

と思っているのかもしれません。

 

豊かさの定義は人それぞれですし・・・

 

大量消費社会には不満があるようですね。

 

神輿作りも、報酬はあまりなく、

10万円も利益がないんだとか。

 

 

だから神輿職人もいなくなるわけですね〜・・・

すごく技術もいるし、守るべきものだと思うんだけど

このご時世、そういったことはないがしろにされているんですかね・・・・

 

ほとんどボランティアみたいなもんですね。

 

 

最近は、活動がいろいろな人の目に留まるようになってきて、

講演なんかもやっているみたいなので、

そう言った活動を通して収入は得ていると思いますが

 

本当に、必要最低限の収入で生活しているのではないかと思います。

 

 

宮田宣也さんは結婚してる?

 

宮田さん、Facebookもされていまして、

そのプロフィール欄に「独身」と

明記されていました!

 

なので、ご結婚はされていないみたいです。

 

ちなみに、実家暮らしとかではなく、

一人暮らし。

 

 

もともとご両親が離婚されて、

おじいちゃんに育てられたようなものなので、

 

おじいちゃんが亡くなった今、一人暮らしするしか

ないんじゃないかな・・・・

 

 

祭りへの思いが強すぎて、

なかなか恋愛するまで気が回らないのかもしれませんが、

熱い思いを支えてくれる奥様と巡り会えるといいですね♡

あなたにオススメの記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です