梅田クリスマスマーケット2018の行き方や混雑状況!食べ物は何がある?

先日、会社の同僚から
「おせち料理の予約に行ってきた」と聞きました。

もうおせち料理!?今年も終わりなんだなぁ、と実感して
不思議な気分になりました。

 

ちなみに私の実家は、おせち料理は手作り派だったので
結婚した今も、毎年手作りしています。
手作りだと、代わりばえしないですけどね…。

 

今年が終わる前の一大イベントは、
やっぱりクリスマスのイルミネーション!

梅田の駅からすぐの場所で、
ドイツのクリスマスの雰囲気に浸れる
ドイツクリスマスマーケット大阪2018」について紹介します。

スポンサードリンク

ドイツクリスマスマーケット大阪2018の開催期間は?

開催期間:2018年11月17日(土)~12月25日(火)
イルミネーション点灯時間:17:00~22:30

※クリスマスマーケットは、

  • 月~木12:00~21:00
  • 金12:00~22:00
  • 土日祝11:00~22:00

時期としては、結構早めから開催されています。

ヒュッテと呼ばれる小屋が並ぶ様子は
さながら外国のような雰囲気で、とてもロマンチック。
デートにおすすめで、私も昨年は旦那さんと行きました!

ツリーやイルミネーションはもちろんですが、
木製のアンティークなメリーゴーランドが目を惹きます。
もちろん乗ることもできるんですよ。
(乗車料金400円)

 

 

料金はいくら?

入場は無料です。

ヒュッテ型の屋台では、食べ物やオーナメントなどを売っているので
購入して楽しむことができます。

雰囲気だけを感じに、覗きに行くのもおすすめですよ。

大阪では有名な空中庭園と呼ばれる
展望台の1階が会場になっているのですが、
もし展望台に上る場合は、下記のとおり入場料が必要になります。

大人 1000円
中高生 700円
小学生 500円
幼児(4歳以上) 200円

 

アクセス

基本は公共交通機関で行くことをオススメします。

開催されている場所は、
「梅田スカイビル・ワンダースクエア」と呼ばれる場所で
大阪駅(梅田駅)から地下道を通って歩いていきます。

・JR大阪駅から徒歩で10分
・阪急梅田駅から徒歩で12分

車で行く場合は、
阪神高速11号池田線梅田出口からすぐです。

駐車場について

ドイツクリスマスマーケット大阪2018の
イベント専用の駐車場ではありませんが、
梅田スカイビルと隣接しているウェスティンホテルに
それぞれ駐車場が併設されているので、そこに停めるのが便利です。

梅田スカイビル駐車場 最初の1時間は400円
その後は100円/15分ごと最大料金あり
1,600円/24時間以内
ウェスティンホテル駐車場 最初の1時間は1,000円
その後は500円/30分宿泊者の場合は、2,000円/1泊

 

スポンサードリンク



混雑する日はいつ?どれくらい混む?

クリスマス当日と、その前の1週間は確実に混みます

そんなに広くないスペースに、大きなツリーと
多くのヒュッテ(屋台)が並ぶので、
正直、行き交うのが大変なほど。


 

その賑やかな雰囲気が、また高揚感を掻き立てるのですが
購入した物を食べるためのテーブルやベンチも数が少なくて
座れない可能性が高いので、あまり長居はできないかもしれません。

 

家族連れが多いのも特徴ですね。
ツリーの中に入れるようになっているので、
お子さんがたくさん遊んでいるのが印象的でした。

 

土日祝も混雑するので、大人同士で行く場合は
平日の会社帰りが一番狙い目です。

 

屋台について

ヒュッテと呼ばれる小屋型の屋台は、
数にして30店ほど出店されます。

伝統工芸品やオーナメントのほか、
食べ物は本場のソーセージやピザ、ミートボール、
ジャーマンポテト、ワッフル、などなど。
思わず目移りしてしまうラインナップですよね!

ソーセージはもちろんですが
ジャーマンポテトの味がしっかりしていて
おいしかったです。

さらに注目は、毎年デザインの変わるマグカップでいただく
ホットワインとホットチョコレート。
このマグカップを目当てに、毎年訪れる人も多いそうです。
もちろん、私も購入しました!

ちなみに、2017年のマグカップはこちら。


 

寒い冬に、キラキラ光るイルミネーションを眺めながら
あったかいワインやチョコレートを飲むと、
まるでドイツにいるような気分に浸ることができるかも。

今年の冬は、外国のクリスマス気分を味わってみませんか?

あなたにオススメの記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です