しがらきイルミネーション2018アクセスや屋台!駐車場やトイレ情報も

美しい器に盛りつけると、
料理ってたちまち美味しそうに見えますよね。

味が一番だと思いつつも、やはり見た目も大事。
人間と同じですね。

器が好きな私は、会社の同僚からの結婚祝いにも
萩焼の茶器をリクエストしたほど。
来客時に、薄い桜色の茶器でお茶を出すと
自分がすごく上品に思えます。
自己満足です、はい。

 

日本全国に焼き物の産地がありますが、
関西から近いのは信楽焼です。

陶器市も定期的に開催されていて、
私も足を運んだことがあります。
すごい賑わいなんですよ!

 

その信楽の駅舎をはじめ、
町中にイルミネーションが施されているのをご存知ですか?

その名も、しがらきイルミネーション
今回は、そちらをご紹介します。

スポンサードリンク

しがらきイルミネーション2018の開催期間はいつからいつまで?

開催期間:2018年12月1日(土)~2019年1月14日(月)
イルミネーション点灯時間:日没17:00頃~24:00

「灯仕掛け人」と呼ばれる地元のボランティアスタッフにより
毎年開催されていて、今や信楽の冬の風物詩となっています。

駅舎の屋根や駐車場など、4万球のイルミネーションで彩られますが
なんといっても一番の見どころは、
駅前のタヌキがサンタ姿になっていること!

これは、ほかでは見られない景色なので
ぜひ写真に収めたいですね。

 

料金はいくら?

料金は、無料で楽しむことができます。

イルミネーションの実施期間のうち
1日だけしがらき冬まつりが開催されるのですが、
そこで出される屋台で買い物をする場合は有料となります。

冬まつりではキャンプファイヤーも登場するので、
寒い日でも安心ですね!

 

アクセス

公共交通機関を利用する場合、
信楽高原鐵道の信楽駅で下車してください。

会場は駅からすぐです。
駅舎やホームからすでにイルミネーションが見られるので
すぐにわかると思います。

車で行く場合は、
新名神高速道路信楽ICから約10分です。

 

駐車場について

信楽駅の目の前に、常時無料で停められる
観光駐車場
があります。

台数は150台あるので、
まずはそこを目指して行くのが良いと思います。

実は、信楽駅の周辺には
コインパーキングがありません。

陶芸の森というところにも
250台停められる無料駐車場があるのですが
開館時間が17時までなので、空いているかどうかが不明です。

近隣の方が駐車場を開放されている場合もあるので、
観光駐車場が埋まってしまっているときは
駅周辺を走ってみてください。

 

スポンサードリンク



 

混雑する日はいつ?どれくらい混む?

知る人ぞ知るイルミネーションイベントなので、
そこまで混雑する日はないようです。

駅から始まって、周辺の街路樹なども
イルミネーションが施されていて
一ヶ所に人が留まらないので、
スムーズに楽しめると思います。

そのため、あまり日程を気にせず予定を組んでも
問題ないと思います。

ただ、先に述べた冬まつりの日は
1日しかないということもあり、やはり混み合うようです。

楽しいイベントなのは間違いないので、
混雑覚悟で冬まつりの日に行くかどうか
悩むところですね。

 

トイレはある?

観光駐車場のところに、公衆トイレが併設されています。

お掃除もされていてキレイなようなので、
ここを使用するのが安心です。

また、信楽駅の改札内にもトイレがあるので、
駅員さんにお願いして使わせてもらうのも
方法のひとつだと思います。

 

屋台について

イルミネーション期間のうち、
しがらき冬まつりの日には屋台が登場します。

おでんやたこ焼きのほか、
ぽんた焼きと呼ばれる信楽のおまんじゅうや
窯焼きのアップルパイが人気!

さらに、冬の屋台にはめずらしいかき氷まで!
これが、しがらき冬まつりの名物なんだそうです。

絶対寒いと思うんですが、もしかしてこれが
逆に寒さをやわらげたりするんでしょうか?

 

にゃこ
昨年の詳しい様子は、こちらから
http://www.gaido.jp/clickalbum/3174.html

あなたにオススメの記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です