兵庫県立フラワーセンターイルミネーション2018の混雑や駐車場情報!

今年は暖冬だと聞いていたものの
にわかに寒くなってきましたね。

私は夏の暑さが本当に苦手なので
冬は好きなほうなのですが、
やはり寒くなると朝起きるのが辛い…です。

 

ぬくぬくの毛布が幸せなので、
今年は「着る毛布」を買おうと決意しました!

起きても毛布に包まれていられるなら、
頑張って布団から抜け出せそうです。

 

人間でもこうなのだから、
植物も寒い外で咲くのは酷ですよね。
でも、温室でなら美しく咲き誇ることができるもの。

イルミネーションはもちろん、
温室で咲くランやベコニアも見どころの
兵庫県立フラワーセンター 花と光のクリスマス
本日はご紹介します。

スポンサードリンク

兵庫県立フラワーセンター 花と光のクリスマス2018の開催期間はいつからいつまで?

開催期間:2018年12月1日(土)~24日(月・祝)の土日祝のみ
イルミネーション点灯時間:17:00~20:00(入園は19:30まで)

入り口をくぐってすぐの中央花壇を中心に、
温室なども華やかにライトアップされます。

大温室の中もムードたっぷりで、
クリスマス気分が高まります。

私のオススメは、ゲスネリア室。

他ではあまり聞かない名称ですが、
ゲスネリア好きのマダムの部屋をイメージしたらしく
壁の色もポップで素敵なんですよ。

 

ちなみに、サマーイルミネーションと題して
夏もライトアップを開催しているのですが、
やはり冬に行くのがおすすめ。

絵本の世界に出てくるような、可愛いツリーも登場します!

 

料金はいくら?

通常、入園には料金が必要で
金額は下記のとおりです。

一般(大学生以上) 500円
70歳以上 250円
高校生以下 無料

ただし、イルミネーション開催期間は
17時以降の夜間入園のみの場合、
一般(大学生以上)が500円⇒250円に割引になります。

 

アクセス

公共交通機関を利用する場合は、
JR粟生駅を下車→タクシーに乗り換えて30分走り、
フラワーセンター正門前まで行きます。

もしくは、JR粟生駅から北条鉄道に乗り換え
終点の北条駅を下車→加西市コミュニティバス(ねっぴ~号)で
フラワーセンター正門前まで行きます。

ただし、加西市コミュニティバス(ねっぴ~号)は
平日のみの運転となりますので、注意してくださいね!

カピバラ
加西市コミュニティバス(ねっぴ~号)について
詳しくはこちら
http://www.city.kasai.hyogo.jp/01kura/12jiko/02komi.htm

 

車で行く場合は、
・中国自動車道 加西インターより南へ3km
・山陽自動車道 加古川北インターより北へ9km です。

 

駐車場について

兵庫県立フラワーセンターには、併設の駐車場があります。

設立当初は有料だったようですが
現在は無料で停められるので、ぜひ利用してください。

周りにコインパーキングはありません。
北駐車場と南駐車場、あわせて570台停められるので
満車の心配もないと思います。

ちなみに、南駐車場の近くに入園ゲートがあるため
そちらを優先的に目指すほうが良いと思います。

 

スポンサードリンク



 

混雑する日はいつ?どれくらい混む?

普段はあまり混んでいないようなのですが、
イルミネーション開催期間は混雑します。

ただ、広い敷地を活用しているイルミネーションなので
多少人が多くてもあまり気になりません。

高校生以下は無料なので
学生カップルに最適かと思いましたが、
家族連れで行かれる方が多いようです。

お子様が無料で、しかも広い敷地で楽しめるとなると
たしかに楽しそうですよね!

 

土日祝のみの開催なので
混雑はなかなか避けようがないのですが、
少しでも空いている時期を…と思う方は
12月の前半を狙ってくださいね。

 

トイレはある?

トイレは、主に入園ゲート付近に集中しています。

そのほか、池に沿って園内を中心まで歩いたところに
事務所があるのですが、
事務所に併設されているレストハウスにもトイレがあります。

あまり奥のほうまでいくとトイレは無いので、
できるだけ入口付近で済ませるほうが安心ですね。

わんこ
トイレの場所については、こちらをご確認ください。
http://www.hyogo-park.or.jp/flower-center/contents/navi_img/entrance/2017-panfu2.pdf

 

屋台について

屋台は出ていないのですが、
2017年は「温室喫茶 ラルゴ」が夜間営業したようです。

おでんやグラタンなど、
寒い冬に嬉しいメニューを
温室のきれいな花を見ながらいただけるので
来園した方から好評だったようです。

今年も夜間営業するかどうかはわからないのですが、
一度覗いてみることをおすすめします!

あなたにオススメの記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です