ゲノム編集ベビーの中国人研究者の年齢や家族に経歴は?捏造じゃないの?

連日、世界中にニュースを騒がせている
ゲノム編集ベビー(双子)。

倫理的タブーをいとも簡単にぶち破り、
ゲノムを編集した人間を作り出したという発表に、
各国の科学者たちが唖然としました。

今までSFの世界で語られていたことが、
現実になってしまい、にわかに信じ難い部分もありますが・・・

この研究者は、ゲノム編集を施した赤ちゃんが誕生したことは
主張しているものの、実際の赤ちゃんの写真など
実験が成功した証拠となるものは示していないため、

研究報告の内容がそもそも嘘なのでは?
という指摘もあったみたいです。

この研究発表を行った中国人研究者、
かなりのタブーを犯しているにも関わらず
Youtubeで朗らかに研究について説明していて

ちっとも悪気がなさそうなんですよね。。。

あっけらかんとしすぎて逆に怖い。
サイコパスなのか?

こんだけ騒がれることは、
頭のいい研究者なら容易に想像できたはず。

 

この中国人研究者、賀建奎(He Jiankui)准教授について、
どんな人なのか気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

賀建奎(He Jiankui)准教授の年齢や経歴は?

年齢は、1984年生まれの33〜34歳(2018年時点)です。
所属は中国の南方科学技術大学。

中国科学技術大学で2002年〜2006年の5年間学部生生活を送り、
その後、2007年よりアメリカのライス大学に入学し、
2010年にマイケル・ディーム教授のもと、生物理化学のPh.D.(博士号)を取得。

その後、スタンフォード大学でポスドクとして働き、
2012年に中国へ帰国し、サウザンド・タレント・プログラムの一環で
現在の所属である南方科学技術大学で研究室を持ちます。

このサウザンド・タレント・プログラムで、彼は14万4000ドル、
日本円にして約1600万円ほどの資金を手にし、
それを使ってバイテクと投資の会社を立ち上げます。

その活動の中で、ガン患者の治療に役立つゲノム解読技術などを
開発し、順調にキャリアを積んでいったのですが、

2018年2月から、大学の無給休暇を取りました。
そうです、この休暇中に、ゲノム編集の実験を始めたのです

2018年11月にゲノム編集ベビーの研究発表をしたところ、
彼の研究は政府によって全て止められており、
現在は身動きが取れない状況です。

 

賀建奎(He Jiankui)准教授は勾留中?今どこに?

一連の騒ぎが起きてから、渦中の賀建奎(He Jiankui)准教授は
姿を見せていません。

噂では、中国内で拘留されているのではないか?
と囁かれていますが、

所属先である中国南方科学技術大学はこの噂を全面的に否定しています。

 

賀建奎(He Jiankui)准教授の家族は?

冒頭で乗せたYoutubeの中で、

「(私も)二人の女の子の父親として・・・」

というくだりがあったので、子供がいるのかな?と思いました。

 

実験で生まれた双子の女の子の話かな?とも取れるのですが・・・

だとしたら、自分の子にゲノム編集を加える気持ちはわかるはず・・・

 

ゲノム編集ベビー実験は捏造?

この研究者は、ゲノム編集を施した赤ちゃんが誕生したことは
主張しているものの、実際の赤ちゃんの写真など
実験が成功した証拠となるものは示していないため、

研究報告の内容がそもそも嘘なのでは?
という指摘もあったみたいです。

ゲノム編集技術(クリスパー)自体はそこまで難易度の高い技術ではないらしく、
研究報告内容を再現することは、言ってしまえば誰でも可能だそうで、
本当にゲノム編集ベビーは作られたとの見方が強いようです。

 

クリスパーについて詳しく知りたい方はこの本がオススメ。
初心者にも比較的わかりやすく書かれていると思います!

by カエレバ

 

あなたにオススメの記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です