台湾の正確な天気予報の調べ方!旅行の服装や持ち物についても!

週末にサクッと行ける海外として人気の国の一つ、台湾。

福岡からはなんと1時間で着いちゃうんですよね。

しかも、アジアの中でも親日的で、日本語が通じやすいのも魅力的です。

最近はおしゃれスポットも増えていて、食事だけでなくアートなども存分に楽しめます!

ローラや渡辺直美も台湾ガイドを出版していて、見てるだけでも楽しいですよ!

そんな台湾ですが、沖縄より南に位置しており、基本的には年中通して日本より温暖なのですが、

意外と肌寒い日もあり、3月に1週間ほど滞在したときは、雨がずっと降っていて、しかも寒すぎて日本の服装のまま過ごしました・・・

かき氷とか食べるイメージだったのに、温かいお汁粉ばかり口にしていました・・・笑

旅を楽しむには、現地の正確な天候を押さえた上で服装や雨具など準備するのが不可欠!

今回は、台湾旅行の天気の読み方を詳しくお伝えしようと思います!

スポンサードリンク

天気予報を見てみよう

天気予報はいくつかのサイトで見ることが出来ます。

ご覧になると分かるかと思うのですが、結構サイトによってバラバラなんです・・・

あるサイトでは晴れなのに、別のサイトでは雨予報なんてこともザラ。

雨が降ると体感温度も下がるので、服装も難しくなってきます。

台湾の天気の特徴

台湾の天候の特徴として、年中通して、スコールのように雨が降りやすいというのがあります。

なので、例え晴れ予報だったとしても、折り畳み傘があるといいです。

現地の人も、だいたい折り畳み傘を常に携帯しているそうです。

スポンサードリンク

服装について

私は、3月に訪れたので、日本より少し暖かいだろうと踏んで、薄手の長袖を何パターンか持っていきました。

1週間滞在するので、多少コーディネートも考えました。

しかし・・・寒すぎて、常に日本から来てきたブルゾンを、きっちりジッパーを上まで上げて着る羽目になり・・・

どの写真も黒いブルゾン姿という悲しい事態に!

しかも、結構激しめの雨だったこともあり、靴の中にも浸水してきてかなり冷えました・・・

晴れ女(自称)の私が1週間もれなく雨なんて、考えられないほどレアケースでした。

雨が降らなくても、朝晩は冷え込むことも多いそうなので、羽織は必ず持っていきましょう!

念のため、ヒートテックとか、ウルトラライトダウンを持っていくと安心。

かさばらないし、いざという時に役立ちます!

ユニクロなら台湾にもあるので、現地調達も可能です!

持ち物について

天候の話で、折りたたみ傘は持っていた方がいいとお伝えしましたが、もう一つ必要なもの。それは、

ジップロックです。

観光ですから、ガイドブック、持っていきますよね?

あと、最近ではレンタルwi-fiも充実してますので、現地でもスマホでいろいろ調べたり・・・

しかし!雨の具合によっては、濡れます。

私は、ガイドブックがびしょびしょになり、その後シワシワのゴワッゴワになりましたw

レンタルwi-fi機器や、スマホなんかは、水没しちゃうと一大事です;;

とりあえず、黙ってでっかいジップロック持っていくことを強くお勧めします。(大は小を兼ねる)

濡れたくないものは入れちゃいましょう。

使わなかったら、帰りに使用済みの下着とか、汚れたものとか、いろいろ入れて使えて便利です!

このイージージッパーは、開け閉めが簡単で、丈夫なのでかなりオススメ。

小型ガイドブック(地球の歩き方、ララチッタなどのサイズ)ならラクラク入るサイズです。

機内持ち込みの液体物を入れるには大きすぎてNGなので、液体物用にはこちらがオススメ。

また、九分など、観光客が殺到して激混みで、傘を差しているとすごく邪魔なんです・・・

なので、カッパがあると最強です。もし荷物に余裕があれば、雨でも快適な旅になること間違いなしです!

天気予報最終兵器

外れやすいと有名な台湾の天気予報ですが、最も確実な方法があります。

それは、旅行会社に問い合わせること!

あるいは、宿に問い合わせてもいいかもしれません。

とにかく、現地にいる人に聞いてみるのが最も確実!

どうしても正確な天気が知りたい人は、この方法を試してみてください。

まとめ

雨と、予想外の寒さ対策のために、

  • 折りたたみ傘(必携)
  • カッパ
  • ジップロック(必携)
  • ヒートテック
  • ウルトラライトダウン

をスーツケースに忍ばせておきましょう!

楽しい旅になりますように★

スポンサードリンク

【関連記事】

チームラボin台湾の日本からのアクセスやチケット購入、料金について解説します!

あなたにオススメの記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です