東海道本線踏切事故(3/2)による運転見合わせや遅延の復旧めどは?

2017年3月2日、JR東海道本線がただいま大混乱です。

原因は安城ー西岡崎間の踏切で、列車と自動車が衝突した事故により、

現在も運転見合わせやダイヤの大幅乱れが起こっています。

スポンサードリンク

事故について

今朝6時54分ごろ、安城ー西岡崎間の踏切で乗用車と列車が衝突、

乗用車は炎上、運転手は死亡。

これにより列車の窓は破損、車輪も一部脱線したため、復旧に時間がかかっています。


乗客も体調不良を訴え、病院へ搬送された方もいるそうです。

 

現在の運行状況

東海道本線は蒲郡ー刈谷間では現在も運転見合わせ中

各駅でも、振替乗車票を求める人たちで大混乱が起こっています。

名鉄への影響は?

名鉄への振替輸送を行っているので、名鉄も少し遅延しています。

(名鉄線への振替輸送は、名古屋本線・豊川線 ・常滑、河和線で行われています)

全体的に約15分ほどの遅れとのことです。

復旧めどは?

事故がかなりひどいものだったため、今のところ蒲郡ー刈谷間の復旧はめどが立っていない模様。

振替ルートを利用するしかなさそうです。

利用される方は時間に余裕を持って、お気をつけて行ってらっしゃいませ。

スポンサードリンク

あなたにオススメの記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です