カルテット9話で真紀さん(松たか子)が戸籍を買って失踪した理由は?

もう、先週からまだかまだかと待ち続けたカルテット第9話!

今回もWBCが延長戦にもつれ込んで50分遅れで始まりましたが、

皆さん逃さずご覧になれましたか?

見た人も見れなかった人も、先週からずっと気になってたポイント、

真紀さんが戸籍を買った(?)理由や、

元は誰だったのか?

チェックしていきましょう。

スポンサードリンク

早乙女真紀は本当は誰だった?

富山出身の、「山本彰子(あきこ)」という名で、

母親を事故で亡くし、

母親の再婚した相手に引き取られました。

しかし、この義理の父親に日常的に虐待を受け、

それから逃れるために何度も家出しましたが、

その度に家に連れ戻される子供時代を過ごしました。

14年前の平成15年12月19日、

山本彰子は戸籍を300万円で買い、

「早乙女真紀」となります。

その後、山本彰子の消息は不明。

 

300万円の大金が用意できたのはなぜ?

実は、山本彰子の母親が事故で亡くなったので、

加害者から2億円もの賠償金を受け取っていたのです。

ちなみに彰子の父親は、暴力は振るうものの、

教育はしっかり施していたようで、

賠償金を使ってバイオリンを習わせます。

だから真紀さんはバイオリンが弾けるんですね。

 

戸籍を買って失踪した理由は?

14年前に戸籍を買った彰子ですが、

もう大人ですし、父親の暴力から逃れる目的なら、

わざわざ戸籍を買う必要はないはず。

なぜそこまでしたのか?

これは、先ほどの賠償金の話に戻りますが、

母親を事故で死なせた加害者は、自転車に乗っていた

当時たったの12歳の少年でした。

少年は、弟が生まれてくる病院に駆けつけるため、

急いでいたところ、事故を起こしてしまいます。

スポンサードリンク

12歳で人を殺してしまった少年の家庭は、

家も職も失い、一緒に暮らすことを楽しみにしていた弟と

暮らす夢が叶わないまま、

一家はバラバラになりました。

それを知りながら、彰子の義父は、

12歳の少年に対して、12年間賠償金を請求し続けたのです。

「山本彰子」が消息不明になると、賠償金の支払いは停止しました。

これが真紀さんの狙いだったのではないか?

加害者少年からお金を搾取するのを止めて、

少しでも少年と家族を救えるように。

夫さんは、警察に戸籍のことを知らされ、こう考えました。

 

真紀さんが警察に追われているのはなぜ?

戸籍を買うということは、正式には

公正証書原本不実記載といい、

5年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処されるそう。

しかし、警察が真紀さんを追っているのはそれだけが理由では

ないようなのです。

山本彰子が失踪したと同時に、

義父が心不全で亡くなっている、という不可解な死があったため、

警察は真紀さんが義理の父親を殺したのではないかと

考えているようです。

真紀さんが人殺しなんてするはずないですが、

次回最終回、またまたどんでん返しがあるのかもしれません!

スポンサードリンク

カルテット最終回で真紀さんが選んだ曲の名前と意味は?何が内緒?

2017.03.22

カルテット最終回の帽子の女は誰?手紙の差出人?演じた女優についても

2017.03.21

カルテット9話ありすがバイトをやめた理由は?パパに迫った目的も!

2017.03.15

カルテット8話本当の早乙女真紀は誰?離婚届が受理されたのはなぜ?

2017.03.08

おとなの掟(カルテット主題歌)のジャケットイラストは誰?歌詞もチェック

2017.02.09

カルテット主題歌を歌う高橋一生と松田龍平の歌唱力は?動画もcheck!

2017.01.14

あなたにオススメの記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です